結婚式を欠席するときの上手な断り方とは!

悩む女性の画像

どうしても都合が合わず結婚式に出席できないときは、返信はがきにお祝いの言葉とお詫びを一言書いてはがきを出すようにします。目上の方や改まった方のときは、直接お詫びをする方がよいでしょう。

電話で欠席を伝えた場合でも、返信はがきは必ず出すようにしましょうね。

また、あまりお付き合いのない方から招待状が届いて、欠席したいと思うときは、「出席したかったけれど、どうしても都合が付かない」「参加できなくて残念」など、相手が嫌な気持ちにならないような断り方をします。

身内に不幸があったり、病気や怪我で参加できないときは、はっきりとした理由を書く必要はありません。

欠席するときでも、お祝いのメッセージを伝え、出席できない残念な気持ちを伝えれば、相手は不愉快な思いをすることはないでしょう。

招待状の返信はがきは、できるだけ1週間以内には出すようにしますが、欠席する場合あまりに返事が早いと、「最初から来るつもりがないのでは?」と、相手が受け止める可能性がありますから、少し間を取ってから返事を出すようにしましょう。

スポンサーリンク


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sara-nagi/theminamina.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sara-nagi/theminamina.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sara-nagi/theminamina.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35