2月・時候の挨拶【季語・季節の言葉と行事】

ゼンマイ・山菜の画像

2月の行事や季語、時候の挨拶文を紹介しています。

2月の行事と季語・風物詩

 行事・歴

3日:節分
4日:立春
11日:建国記念の日
14日:バレンタインデー

 

 季語・風物詩

早春 / 初春 / 立春 / 節分 / 豆まき / バレンタインデー / チョコレート / 風邪 / インフルエンザ / 受験 / 合格発表 / 春一番 / ふきのとう / 春菊 / ヒヤシンス / 梅 / 椿 / 水仙 / 雪解け / 残雪 /

目上の方・上司・改まった方への挨拶文

 2月の季節の挨拶
残寒の候 / 余寒の候 / 立春の候 / 春寒の候 / 春雪の候 / 向春の候 / 晩冬の候 / 雪解けの候 / 紅梅の候 / 中陽の候 / など
※○○の候は、「○○の折」「○○のみぎり」でもかまわない。

 2月の出だしの言葉

  • 余寒お見舞い申し上げます
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です
  • 歴の上では春と申しますが寒さが続きます
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします
  • 向春とはいえ一段と寒さが感じられます
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始める頃となりました
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました


主文

 2月の結びの言葉

  • 余寒厳しき折柄、くれぐれもご油断なさいませんよう
  • 残寒のみぎり、くれぐれもご自愛ください
  • 寒さ厳しき折りから、お体を大切になさってください
  • 季節の変わりめでございます。体調には十分ご留意ください
  • 雪解けも間近です。ご自愛のうえご活躍をお祈り申し上げます
  • しばらくは寒さが続きます。どうかご壮健でお過ごしください

友人・同僚・身内など親しい方への挨拶文

 2月の出だしの言葉

  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております
  • 厳しい寒さに耐えながら春の訪れを心待ちにしているこの頃です
  • 雪解けを迎え寒さも一息ついております
  • うぐいすの初音に春の訪れを感じる頃となりました
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の温かさを感じます
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています


主文

 2月の結びの言葉

  • 雪解けも間近です。くれぐれもお体を大切に
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、くれぐれもご自愛くださいますように
  • 季節の変わりめでございます。体調には十分ご留意ください
  • 春はすぐそこです。皆様ご健康にはくれぐれもお気を付けください
  • まだしばらくは寒さが続きます。お互い健康に注意しましょうね
  • 暖冬とはいえ、お体にお気をつけて健やかにお過ごしください

12ヶ月の時候の挨拶(書き出しと結びの言葉)

スポンサーリンク

2015年8月26日 2月・時候の挨拶【季語・季節の言葉と行事】 はコメントを受け付けていません。 はがきの文章構成