結婚のお祝いはがき【マナーと文例】

結婚祝いのはがきの書き方に悩む女性

入籍や結婚の報告を受けたときや、結婚式の招待状が届いたときの、はがきの書き方やマナーをまとめています。

結婚祝いのはがき・招待状返信の書き方ポイント

入籍や結婚の報告を受けたとき、親しい関係にある方、また、改まった方でも後日会うようにしている方には、はがきでお祝いの言葉を伝えてもよいですが、基本的に改まった方には、手紙でお祝いの言葉を伝えるようにしましょう。

お祝いのメッセージを書くとき、「幸せなのは最初だけよ」など、嫉妬にとれるような書き方に注意しましょう。

また、結婚披露宴の招待状が届いたときは、出席するしないに限らず、招待されたことへのお礼を述べ、欠席する場合には、欠席理由を述べて、招待状を返信します。不幸などで欠席するときは、詳しく理由を書く必要はありません。

結婚祝いでは、文字を区切ったり文章が終わる句読点は、「縁が途切れる」「終止符が打たれる」ととれるため使用しません。また、縁起の悪いといわれる言葉「忌み言葉」にも注意しましょう。

手紙やはがきを出すとき消印は吉日がよいですが、投函する時間よっては難しいこともありますから、後付けに○月吉日と日付を書くとよいでしょう。

結婚祝いの言葉・はがきの文例

結婚祝いを贈るときや、招待状が届いたときのお祝いの言葉をはがきで伝えるときの文例です。

先輩の披露宴に出席するときの文例

 ○○先輩へ
 このたびは ご結婚おめでとうございます また 披露宴にお招きいただきありがとうございます
 入社当初からご指導いただき 至らない私を温かく見守ってくださった○○先輩 本当に感謝しています
 面倒見がよくて 優しい先輩をお嫁さんにもらった旦那様は幸せ者ですね 当日 そんな素敵なお二人にお目にかかれるのを、心より楽しみにしています
 結婚式の準備でお忙しいでしょうけれど 体調を崩さないようお気を付けてくださいね
 お二人の末永いご多幸をお祈り申し上げます

友人の披露宴を欠席するときの文例

 ご結婚おめでとう
また 披露宴に招待してくれてありがとう
 ○○○の花嫁姿をとても楽しみにしていたのですが、当日は親戚の結婚がありどうしても出席することができません とても残念です
 今度 新居にお邪魔するので写真やビデオを見せてくださいね
 心ばかりですが ○○○が欲しいといっていた△△△を送らさせていただきました これからの幸せな新婚生活に役立ててくださいね
 心より末永いお二人の幸せをお祈りしています

披露宴をしない方にご祝儀や商品券を贈るときの文例

(親しい上司へ)

 このたびは、ご結婚、誠におめでとうございます
 職場でもいつも明るく バリバリと仕事をこなす○○店長のことだから 家庭との両立も上手くこなしていかれることでしょう きっと楽しく周りが羨むご家庭を築かれることと思います
 本日 ささやかではありますが お祝いをお届けいたしました これからの幸せな新婚生活に役立ててください
 落ち着いた頃に 幸せいっぱいのお二人の顔を見に遊びにいきますね 
 お二人の人生が素晴らしいものでありますように 心よりお祈り申し上げます

結婚祝いの基本マナー

友達や職場関係の方、親戚などの結婚を知ったときは、お祝いの言葉はすぐに伝えるようにしてくださいね。時期を逃してしまうと、「いまさら!?」と相手はふぬけな感じになりますから、できるだけはやめに伝えるようにしてくださね。

招待状の返信はがきの書き方と祝福メッセージ文例

結婚式の招待状

結婚式の招待状が届いたら、返信はがきには出欠や名前の記載だけではなく、お祝いのメッセージを二人に書いてはがきを返信するようにします。

このとき使用するペンは、万年筆か毛筆を使って書くのが基本ですが、使い慣れていない方はボールペンでメッセージを書いてもよいでしょう。

必ずインクの色は「黒」を使うようにしてくださいね。返信はがきは、新郎新婦以外の方もみますから、仲良しの友達でもカラーペンなどの使用は避けるようにしましょう。

招待状の差出人が友達なら、砕けた文章でもかまわないですが、御両家が差出人のときは、きちんとした常識のある文章で返信しましょう。

スポンサーリンク